2014年04月21日

春の土用

  こんにちは
  徳田漢方はり院の徳田です

  4月17日で春の土用になりました
  札幌でもうららかな日が多くなりましたね
  とても過ごしやすくて嬉しいです


  春の土用について少し


  鰻を食べることで有名な「土用の丑の日」と同じです
  土用は春夏秋冬それぞれにあるんですね


  土は栄養という意味です
  木火土金水(五行)の土です
  植物にとって、つちは栄養ですね
  東洋医学では土用の時期には
  栄養を大切にしましょうという意味になります


  植物はちょうど良い時期に花を咲かせたり
  茎を伸ばしたり葉を落としたりして
  季節に適応できないと、枯れてしまいます


  人間も同じで季節に合わせて
  身体が季節に適応出来ないと
  風邪をひきやすくなったりします


  春夏の野菜を食べると
  身体が季節に順応していきます


  新玉ねぎや春キャベツ、新にんじんなどは
  今の時期に大変美味しく頂けます


IMG_6877.jpg


  ナマでも食べられますが
  湯がいたり蒸したりする方が
  より良く吸収できます


  お試し下さい!


徳田漢方はり院         徳田和則
posted by tokuda-hari at 18:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
徳田漢方はり院 011-747-4700
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。