2014年04月21日

春の土用

  こんにちは
  徳田漢方はり院の徳田です

  4月17日で春の土用になりました
  札幌でもうららかな日が多くなりましたね
  とても過ごしやすくて嬉しいです


  春の土用について少し


  鰻を食べることで有名な「土用の丑の日」と同じです
  土用は春夏秋冬それぞれにあるんですね


  土は栄養という意味です
  木火土金水(五行)の土です
  植物にとって、つちは栄養ですね
  東洋医学では土用の時期には
  栄養を大切にしましょうという意味になります


  植物はちょうど良い時期に花を咲かせたり
  茎を伸ばしたり葉を落としたりして
  季節に適応できないと、枯れてしまいます


  人間も同じで季節に合わせて
  身体が季節に適応出来ないと
  風邪をひきやすくなったりします


  春夏の野菜を食べると
  身体が季節に順応していきます


  新玉ねぎや春キャベツ、新にんじんなどは
  今の時期に大変美味しく頂けます


IMG_6877.jpg


  ナマでも食べられますが
  湯がいたり蒸したりする方が
  より良く吸収できます


  お試し下さい!


徳田漢方はり院         徳田和則
posted by tokuda-hari at 18:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

東洋医学的タイムテーブル その4

五臓六腑と時間の関係をご紹介しています。

その1へ

その2へ

その3へ


この時間を上手くつかえばより健康に過ごせます!


それでは最終回、深夜の部です。


夜11時〜深夜3時は胆のうと肝臓の時間です。


東洋医学的な胆のうは血液を掃除します。
また胆のうは決断をサポートします。
いわゆる肝っ玉ってやつですね。


肝臓は血液を調節します。
考えているときに脳に血を送ったり
食事のときに胃に血をおくったりするのは肝臓の役目です。


この時間に寝ていると、血液がきれいになって、
血液を調節する機能も休む事ができますから
身体の調子が良くなります。


ただ、この時間は決断もできますし血液もよく動きますので
仕事もはかどります。
しかし本来は休息をする時間なので
健康を犠牲にして仕事をしていることになりますね。




最後に夜3時〜5時は肺臓の時間です。

肺は呼吸と気を調節しています。
気とは見えないものの事で
身体の中のもので見えないものはすべて肺が支配しています。


朝起きて、調子が良い人は肺が健康です。
ウチの鍼治療も気の調整をしていますから
治療を受けた翌朝が一番効いています。


また、人が死ぬ時は心臓が止まるのでなくて
呼吸が止まって亡くなります。

いわゆる『今夜が山だ』とよく言われます。
お年寄りが、明け方に亡くなられる方が多いことは
呼吸が大変重要であることを証明していますね。


夜11時〜朝5時まで寝ると気と血の両方を休める効果が高いので
いい睡眠を取れる事が東洋医学的に言えます。



以上、五臓六腑と時間の関係を簡単に紹介しました。

活用してくださるとうれしいです。




徳田漢方はり院
タグ:東洋医学
posted by tokuda-hari at 11:20 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

東洋医学的タイムテーブル その3

五臓六腑と時間の関係をご紹介しています。

その1へ

その2へ



東洋医学では、2時間ごとに1つの臓器が旺盛になると言われています。

この時間を上手くつかえばより健康に過ごせます!


それでは夜の部です。


夜7時〜9時までは心包と言いまして心臓を包む臓器の時間です。

心臓はリーダーです。心包はそれを補佐する実務役です。

この時間は基本的に昼の心臓と同じで元気なのが普通です。
この時間になると決まって症状が増悪する人は注意してください。



夜9時〜11時は三焦と言いまして水分を管理する臓器の時間です。

三焦も心包も東洋医学にしかない臓器なのでわかりにくいかもしれませんね。

この時間になるとむくみが出て来る人は三焦が弱っています。

この時間以外もしょっちゅうむくみがある人は腎臓や脾臓を疑います。



次回が最終回ですm(_ _)m



徳田漢方はり院
タグ:東洋医学
posted by tokuda-hari at 12:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

東洋医学的タイムテーブル その2

五臓六腑と時間の関係をご紹介しています。

その1へ


東洋医学では、2時間ごとに1つの臓器が旺盛になると言われています。

この時間を上手くつかえばより健康に過ごせます!


お昼のタイムテーブルです。


11時から午後1時までは心臓の時間です。

東洋医学で心臓は心身のリーダーです。
この時間に調子が悪くなった人は少し注意してください。休養が必要かもしれません。

お昼休みの条件反射でおなかすいたりして調子悪いのは除きますよ(笑)



1時〜3時は小腸の時間です。
お昼ご飯を消化吸収するのに最適です。



3時〜5時は膀胱の時間です。
5時〜7時は腎臓です。
この午後からの4時間は東洋医学的には水、先天、精力
などを扱っています。

この時間にどうも疲れる。粘りがきかない。という人は精力や体力が足りません。

疲れやすいのは精力が足りないので、精を養う食べ物の豚肉を食べるといいです。


この時間に調子が良くなってきた人は病気が治ってきた証拠です!



続きはまた次回にm(_ _)m



徳田漢方はり院


タグ:東洋医学
posted by tokuda-hari at 18:10 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

東洋医学的タイムテーブル

五臓六腑と時間の関係をご紹介します。

東洋医学では、2時間ごとに1つの臓器が旺盛になると言われています。

この時間を上手くつかえばより健康に過ごせます!


では、朝からいきますね。


5時〜7時は大腸の時間です。朝にお通じを済ませるのは健康です。

7時〜9時は胃の時間なので朝食です。

9時〜11時は脾臓(すい臓)なので朝食の消化吸収に最適です。



やはり、朝食は食べた方がいい事は東洋医学的にも言えますね。



昼以降は次回に!



徳田漢方はり院
タグ:東洋医学
posted by tokuda-hari at 11:02 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

呼吸について

まず、ベッドに寝っころがってバンザイします。
いきなりでわけわかりませんねスミマセン(笑)


そうすると、呼吸が楽になるはずです。


ところで、呼吸が楽と言うと大半の人は吸うことが楽になるとイメージします。

でも、呼吸で重要なのは吐く方なんですね。

身体に不必要なものは呼吸と汗と大小トイレで出します。


コレらが調子悪いとカラダの中が濁って頭痛など各種の痛みの原因になるんですね。


バンザイしながら、肋骨を上げるようにイメージしてみると効果的です!


徳田漢方はり院




タグ:呼吸 頭痛
posted by tokuda-hari at 18:54 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

コレは鍼で治りますか?

患者さんからよくお受けする質問ですので

ブログでも答えておきますね。



東洋医学が得意なのは機能的病気です。

機能的病気とは、わかりやすく言うと働きがおかしくなる病気です。

Aが興奮したり衰えたりすることをAの機能が衰えたと言います。


機能的の反対は器質的です。

鍼が苦手なのは器質の病気です。

器質的病気とは、そのもの自体が傷ついたり変形したりする病気の事です。

例えばガンは変形した異常な細胞が増える病気ですから鍼では治りません。

しかし、ガンの手術で落ちた体力なら戻す事は可能です。



形が変化していない病気には東洋医学をお試しになってもいいかと思います。



徳田漢方はり院


posted by tokuda-hari at 10:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

東洋医学と科学

東洋医学もいずれは科学で分析出来ますよね?

って言われたりするんですが、もし東洋医学を科学的に分析してもトンチンカンな理論になると思います。


だから、そうなるといいですね!って言ってごまかします(笑)


では、『科学的』であるとは何でしょう?


それは客観的に再現性がある事だと思います

誰にでも出来る様になるということです。


そしてそれはあまりにも厳密であるがゆえに、科学的だと認められると真実だと認定されます。


1、科学が真実である
2、科学ではないものは真実ではない


2はデタラメです
本当は
2、科学でないものは真実かまちがいかわからない

が、正解です



東洋医学は、広い範囲でアバウトに何でもわかる学問です。


科学は厳密なので狭い範囲で非常に正確な学問です。


お互いに交わる事はありません。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 17:53 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

初雪

ついにやってきました。初雪です。

東洋医学的には6日までは土用なので、カラダは寒邪に強いです。
土剋水といいまして。土用は寒(水)を制することができます。

7日からは立冬ですから冬の始まりです。

風邪は首筋や足元や胃袋から入ってきます。

冷やさない様にしましょう!


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 11:49 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

簡単にカラダを温める方法

恋をすればいいんです(笑)
身も心も…


というのは冗談で、
一番手っ取り早いのは、モノを食べる事です。

別に、あたたかいモノでなくてもいいです

人間はモノを食べれば温まるって事は
意外と忘れがちですね。


徳田漢方はり院



posted by tokuda-hari at 10:51 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

寒い寒い寒い

CIMG5345.JPG


札幌名物スープカレーです。
自分で作りました。

うそです(笑) 

レトルトに野菜と肉を加えたんですが、本格風でしょ?


札幌では今日から本格的に寒いです。
寒い時、足元が冷え症で大変だって方は多いです。

そんな時は、ホカロンとかを使って温めるんですが、
爪先を温めるよりかかとを温めた方がよいです。
全身が温まるんですねぇ。

試してみてください。



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 23:54 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

紅葉

北大の紅葉が凄いです。

でも、カメラ忘れちゃいました(笑)


東洋医学的に紅葉を分析しますと
紅葉とは、葉っぱにある栄養を殺傷(そぎ落とすという意味)して果実に集める事です。

つまり、紅葉とは栄養に関係しているから、秋の土用に最盛期を迎えやすいんですね!



徳田漢方はり院
タグ:紅葉 土用 栄養
posted by tokuda-hari at 17:04 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

乾燥肌

この時期、乾燥肌で困ってる人は多いと思います。


治療家の立場から言いますと、秋が深まって来た今は、乾燥している方が健康です

乾燥していない人は秋の季節に身体が順応していないという証拠なので

言い換えればカラダのどこかが弱っている証拠なんですね。

だから今は、患者さんを診察して乾燥ぎみだと、なんとなく安心なんですね。

皆さんと逆ですね(笑)


徳田漢方はり院



タグ: 乾燥肌
posted by tokuda-hari at 10:32 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

気について その2

その1では東洋医学は唯物論だと言いました


唯物論というと難しそうですが簡単にいうと、すべてのものをモノとして扱いましょう、ということです。

見えないものとか触れないものとかも、認めて研究しましょうって事です。

気とは見えないものの総称です。

見えないものとは具体的にいうと、働きとか作用の事です。


もっとわかりやすく言うと風や熱は気です。見えないけど感じます。

感情や精神も気です。見えません。


腕は気ではないです。

でも、腕を動かして痛いのは気です。

腕を動かさなくても痛いのは気ではありません。
動かすのは気がやっているという事です。


ちょっとわかって来ましたか?


徳田漢方はり院

2008年10月07日

「気」とは何ですか? その1

CIMG5161.JPG


昨日はおでんでした。
「気」とか、こむつかしい話の前にはぴったりの食材ですね(笑)

札幌ではそろそろ暖房も、という時期ですので
おでんは最高ですね。
もちろん、ネギと大根がたっぷり入ってます。
ネギはうもれて見えませんが(笑)



さて「気」の話です。
患者さんに、なぜ効くんですか?、
なぜ痛いところとは違うところににハリをうつんですか?

と聞かれることが多いのですが
経絡の気血を調整しているんです、と答えます

では気ってなんでしょう??


わかりません、というか
古典医学はわからない、目に見えないものを
「気」と定義したんです。

なんだかわからないけど、確かに存在するもの
を気と呼ぼうねって決めたんですね。

これは、唯物論です。


「おでんと、唯物論が同居するブログへ」ようこそ(笑)

つづきは明日です。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 10:18 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

妊婦さん

最近相談が多いのは妊婦さんです。

妊婦さんはいつも不安をかかえてらっしゃいます。


45医療機関「お産やめます」
http://blog.smiley-mom.jp/?eid=641598

こういうニュースも関係していると思います。

不安に思っている方は、

まずは三陰交にお灸をする事を試してみてください。

全然違うと思います。

薬を使えない妊婦さんの一番の薬はお灸かと思います。

東洋医学を学んでいてよかったなと思う瞬間ですわーい(嬉しい顔)


三陰交の場所
http://www5a.biglobe.ne.jp/~fureai89/2808/11tuboya_tubo_saninko.htm



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 12:04 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 東洋医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徳田漢方はり院 011-747-4700
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。