2010年10月02日

禁煙セラピー

10月1日からタバコが増税になりました。

100円以上も値上がりするようです。

禁煙の話は前にも書きましたが
私はこの業界に入る前は喫煙者でした。

http://tokuda-hari.seesaa.net/article/110954012.html
http://tokuda-hari.seesaa.net/article/114989677.html
http://tokuda-hari.seesaa.net/article/114392337.html


今回の値上げは相当キツイので禁煙について

本気で困ってる方も多いと思います。

そこで、東洋医学とは関係なくなりますが

禁煙について個人私感を書きます。



まず、私が禁煙するときに参考にした本は禁煙セラピー
という本です。


タバコを吸ったことのない人には信じられないかもしれませんが
タバコをやめたら人生がつまらないものになるのではないか
という気持ちが禁煙しようとする時にはあるのです。


この本を読むと「禁煙=大切な何かを失うのでは」
という失恋にも似た気持ちが
タバコ(ニコチン)のしかけた罠であることが解ります。


「食後の一服が最高に美味い 」や
「煙草はストレスに良い 、気分がおちつく」
といった気持ちも
ニコチンが脳に作用して作っている事なので、罠ということが出来ます。


喫煙者の「言い訳」はニコチンが作り上げている
ということを理解できたので
私は辞めることが出来ました。

そんなタバコの作用に腹がたったのです。


タバコは精神論ではやめれないと思います。

タバコのからくり、巧妙な罠を知ることが大切だと思います。


この禁煙セラピー という本は煙草に依存しきってる人には
もしかしたら効果がないかもしれません。


少しでもやめたいと思ってる人
「禁煙できたらいいのになあ…」という程度でも
思ってる人には効果抜群だと思います。




徳田漢方はり院


posted by tokuda-hari at 16:56 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

脳いっ血、クモ膜下出血 その2

その1では原因や予兆など書きました。


では倒れないようにするにはどうすればよいのか。

普段の予防法が気になります。



このブログの主旨は医食同源ですので
やはり食べ物の話になります(笑)




1、野菜を食べる

  これは経絡の詰まりを解消するという意味です。


2、肉の代わりに魚


  特に青味の魚が良いようです。


3、じゅうぶんな休養


  疲れている時に発症しやすいです。





前回の繰り返しになりますが



不眠、めまい、手のしびれが同時に出たときには



十分にに気を付けて下さい。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 14:14 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

脳いっ血、クモ膜下出血

キムタクさんの命を奪ったのはクモ膜下出血です。


古典医学では中風といいます。


風に中った(あたった)と書きます。



原因を古典でしらべると、経絡が詰まって流れなくなる。

と、あります。


風船のようにふくらんで、どこかで破裂してその時倒れます。


いきなり倒れてしまわれるのですが
実は経絡のつまりは徐々に進行しています。



そして進行している時に
わずかではありますが特徴的な症状を呈します。


1、不眠
2、めまい
3、手のしびれ



この3つが同時にある時は病院に行く事をおすすめしています。


この他にも一般的に言われている前駆症状は

ろれつが回らない、顔がゆがむ、などです。


出張を含めた治療も行っております


詳しいページへ



中風は前後のケアで予後が大きく変わります。


正確に対処しましょう。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 20:46 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

唾液の病気

下のリンクはヤフーのニュースで見つけてその対処法にびっくりしたんで書きます。



ドライマウス 若い女性に急増!? ストレスや生活習慣影響?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00000568-san-soci


詳しくは記事をお読みになって欲しいんですけど


私が何に驚いたかと言うと、対処法として




 同クリニックでは唾液の分泌量や舌の表面の乾き具合の測定と同時に、口臭測定器を使って診断を行う。シェーグレン症候群などの病気が原因でない場合、治療は口腔ケア製品を使って症状を緩和させていくのが一般的。唾液に近い成分を配合した専用の保湿ジェルや保湿スプレーで舌に潤いを与えるほか、(1)よく噛んで食べる(2)リラックスする(3)規則正しい生活(4)部屋の湿度に気を配る−といった生活習慣が重要だ。



ということらしいのです。



西洋医学は胃と唾液の関係は考えないのでしょうか???



ドライマウスで本当に一番大切なのは胃を冷やさないという事です。

温かい物を飲んだり食べたりすることです。


さらに胃の働きを活発にすれば唾液はどんどん出てきますよ

コレは鍼灸で出来ます。



東洋医学的には難病ではないと思うんですがね。




徳田漢方はり院

2009年06月01日

インフルエンザの結末3

前回までに、マスクはホコリを吸うから辞めた方がいい事や
うがいも効果が怪しい事を書きました。


実際問題としてヨーロッパやアメリカ合衆国などに
マスクやうがいの習慣はないそうです。


では、予防として何をすればいいかというと
手洗いが一番です。

感染経路として
手→口から感染が一番多いようです。



また、喉がイガイガしている場合の対策は
唾液を出して治療するのが一番です。


やり方は昔に書きましたのでそれを参考にして下さい

昔の記事へ

簡単におさらいすると、あたたかいモノを食べたり
唾液の出る舌の裏をゆすいだりするといいと思います。


予防として一番イイのは
はり治療で抵抗力をつける事ですけどね(笑)



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 20:46 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

インフルエンザの結末2

東洋医学的に言うと、夏に肺炎はありません。

この場合の夏は5/5日の立夏〜7/18日の土用までです。


普通の人は夏に肺炎にならなくて、なれば重症化してしまいます。

基礎疾患があって、抵抗力の弱っている人は
風邪→肺炎に気をつけてください。


東洋医学的推論ですが、今はインフルエンザウィルスが
身体に入ってくると胃腸にくるのではないでしょうか?

いわゆる、ウィルス性の胃腸炎ってやつです。


まさか胃腸炎までインフルエンザウィルスのチェックを
行っているとは思えませんから
実際の感染者は相当だと思うわけです。


あくまでも個人的な東洋医学的推測です!



徳田漢方はり院

2009年05月29日

インフルエンザの結末

いろいろと情報が小出しにされているので
ブログには静かになってから書こうと思っていました。

そのうちNHK以外の変な報道に辟易していたら
ブログを更新しなくなってました

更新のほう
また復活しましたので皆様よろしくお願いいたします!


さて、インフルエンザですが
世界の保健機関は最初から弱毒性だとわかっていたと思うんです。
どなたがこうもめちゃくちゃな騒ぎにしたんでしょうかね?

「強毒性に変異したら免疫無いからこまるよー」

ってことらしいんですが

香港型もソ連型もスペイン型も
強毒性に変化する可能性は常にあります
新型だけが強毒性になるかのような言い方をしています。
もう嘘の情報といっていいんじゃないでしょうかね。



以前から言ってきたんですが
マスクが予防にはあまり効果がない
とわかってきたのはよかったです。

もちろん、ウィルスを広めない効果はありますので
セキっぽい人にはマスクをしていただいたほうがありがたいですが

マスクをしているとホコリを大量に吸い込みます。

一ヶ月掃除していない部屋に住んでいるくらい
ホコリを吸うと思います。個人的感想ですが(笑)

身体にいいわけないですよね。


風邪も長引きますので気をつけてください。




徳田漢方はり院

2009年05月01日

豚インフルエンザ3

ウイルスをDNA検査して型番を調べる作業がうまくいってないようですね。


こうなるとDNA検査の信用も怪しくなってきます。


10年くらい前に最新のDNA検査で警察が犯人を捕まえたけど、その検査方法が誤りで、捕まった人は無罪だったという事件があったそうです。



私が東洋医学を学んで一番感じた事は、正しい事は時間がたっても正しいという事です。



『最新の○○』っていうのは、怖いです。



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 22:29 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

豚インフルエンザ2

ウィルスパニックについては、出来のいい映画が何本かあったので、見た人は今回の騒動が怖いですね(笑)


でも、インフルエンザウイルスはどこまで変異しても、インフルエンザウイルスに過ぎません。

SARS(サーズ)の方が怖いと個人的には思います。


メキシコで相当の数の犠牲者が出てるみたいですけど、衛生環境のいい日本でも同じ事が起こるとは思いません。



漢方的にはどうかというと、伝染病を治すのが西洋医学に比べて上手でなかったので、医学の本流から外れた歴史があります。


では東洋医学で風邪が治らないかというとそうでもありません。


本当に上手い鍼師は風邪をじょうずに治します。


お試しあれ!




徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 00:11 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

豚インフルエンザ

情報によると、ウィルスの種類は毒性の弱いものらしいです。


それでも、お年寄りとお子様は気をつけないといけないですね。



ただ一言だけ言いたいのは、普通の大人は大丈夫だろうという事です。

免疫の弱い人や、不規則な生活をしている人、栄養不足な人は注意です。


東洋医学的に言えば、今の時期は風邪を引く人は少ないです。

ただし、立夏になったらちょっと話は違ってきます。

その時には今回の騒動にも結論が出てるでしょうからその時にまた書きます!


栄養と睡眠を十分とってくださいね。





徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 13:22 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

黄砂

明日は道内にも黄砂が来るそうです。


おととしぐらいに、この時期に帰省していた関係で

道内には来ない規模の黄砂をくらいました。

花粉症でもないのに花粉症に似た症状が出たのを覚えています。


春に小さい物質が目とか鼻の粘膜に付くと

粘膜の弱っている人は花粉症になります。


でも黄砂は桁違いの有毒性で、粘膜の弱っていない人でも

やられます。

中国ヤバイ(笑)


気をつけてください!!




徳田漢方はり院

2009年03月01日

禁煙 その2



前回、禁煙をするためのコツを少し書きました。

(記事へ)


要約すると物理的中毒と精神的中毒を分けて考えて、精神的にいくら強い気持ちでのぞんでも、物理的にニコチンが身体に残っていると、脳が勝手に吸いたい気持ちを作るという事です。


だから、ニコチンが完全に抜ける最初の3日が重要です。


この3日を自分一人で乗り切る事はむつかしいと思います。


誰かの助けや強制的に吸えなくなる環境が必要かもしれません。


大切なのは最初の3日の禁煙に失敗してもあなたのせいではないと言う事です。


そしてもっとも重要なのは最初の3日の禁煙に成功したら、もうこんなチャンスは滅多にないと思う事です。


1本でも吸うとまた終わらない聖火リレーの始まりです。


3日を過ぎたあなたのカラダにはあの憎っくきニコチンはいません。



続きはまた次の機会に書きますm(_ _)m



徳田漢方はり院


posted by tokuda-hari at 17:15 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

禁煙したい人へ

大麻の摘発が凄い勢いです。
こんなに蔓延していたんですね。
薬物中毒は怖いです。



私はこの世界に入ってから10年吸っていたタバコを辞めました。


禁煙したい人の参考になるかわかりませんが、辞めた時の事を書いてみますね。


辞める時知ったんですが、この世で一番中毒性のある物質はニコチンだそうです。

禁煙の初期ではカラダが物理的に中毒状態です。
精神的には辞めたいのに、カラダが物理的中毒状態で依存しています。

そういう状態では自分の「辞めたい」という気持ちは勝手に消されてしまいます。

どういうことかというと、脳みそ自身が勝手にタバコを辞めない為のありとあらゆる言い訳を作ります、自分自身に言い訳をします。
その言い訳が「天の声」みたいに聞こえてきます。
要するに、悪魔のささやきですね(笑)

そして結局辞めません。


今思えばそういう事でした。

でも、その時は本気で訳の分からん言い訳をしていました(笑)

『タバコを吸ってるからかえって健康に気をつかうから非喫煙者より健康だ! だからタバコは辞めなくていいんだ!』
とか、こういう事を平気で言ってましたねw


これらの言い訳は、身体からニコチンが抜けるとなくなります。


ニコチンが抜けるまで3日くらいです。

禁煙したい人はこの3日をまずクリアして下さい。

3日のクリアのコツは次回に書きますねm(_ _)m



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 16:15 | ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

花粉症

東洋医学的に説明すると、春は陰から陽に転換する時期で、この転換に身体がついていけなくて、免疫不全になるのが花粉症です。

冬の間に無理をしていたか、今から無理をすると花粉症になる危険性があります。


すでに花粉症の人は今すぐ養生を開始すると、今年はマシになりますよ。


何をすればいいかというと、ネギを食べる事です。

ネギは鼻と呼吸器に凄くよい上に秋冬の食べ物なので、身体を冬へと導いてくれます。

身体が十分冬になってから春を迎えると大丈夫です。

ちなみに立春は2月4日なので、それまで1日1〜2本食べてみて下さい。


さらに、ウチに治療に来ると完ぺきですよ(笑)



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 18:42 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

風邪

風邪が流行っています!

同じ事を何回も言いますが、
引かない為には栄養とお部屋の湿度が重要です。


加湿機がない所は濡れタオルで十分ですね。


栄養は肉魚野菜です。


引いてしまったら、ネギをたくさん食べて下さい。
で、寝汗をかいたら着替えるんですが、その時は布団から出ないで布団の中で着替えて下さい!


外気にふれると邪気が入りやすい状態なんで、ぶり返してしまいます。


嘘の様な本当の話です。



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 14:25 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

新型インフルエンザ

また、マスコミは煽ってますねぇ。


前にも書きましたが、鳥から来る新型ウィルスは外国からしか来ません。

日本の衛生は世界一ですので、日本発の確率は低いです。


って事は心配しないで、外国でヤバイと報道されてからで間に合う様な気がします。


心配するとストレスになって別な風邪を引きますね(笑)


食生活と睡眠を良くしてドーンと構えてインフルエンザをやっつけましょう!



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 11:39 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

スウィーツ

今日は、札幌にしては珍しくムシムシしますね。でも今は土用で、土用は湿気があるのが当たり前ですので、しかたないです。

ところで皆さんは、湿気が多くてカラダがダルくなった経験はありますか?

東洋医学によると、湿はカラダをダルくします。

しかし、体をダルくする原因は外側の湿とは限りません。

内側の湿も体をダルくします。
内側の湿とは何でしょう?
答えは、糖分です。

スウィーツを食べると幸せな気分ですが、それは糖分(湿)が体と頭の機能を落としているからなんですね。

スウィーツの食べ過ぎでは、太るだけではなくていろいろな病気を起こすので注意です。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 15:55 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

花粉症

秋に治療すると治る病気の一つに花粉症があります。


毎年、春になると悩む方は、ネギを食べて下さい。1日2本くらい食べてみてください。


でも、人間は辛かった事はすぐ忘れる生き物ですから、時期外れの病気の治療はなかなか難しい話だと思います。


来年の夏のためのダイエットと同じですね(笑)



徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 16:24 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 病気の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徳田漢方はり院 011-747-4700
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。