2009年10月19日

加工食品 その2

その1はこちら


その1をふまえて

ではどういう食生活を送ればいいのか
私なりに考えました。


理想は自然の姿で売っている食材を買ってきて
調理して食べるということです。


調理して売られているモノは買わないということです


時間のある方は是非そうしてください。


では時間の無い方はどうするかです。


影響の少ない添加物は妥協してしまうのが
いいと思います。

前回ご紹介した「食品の裏側」という本によりますと
添加物は大まかに分けて


保存料

調味料

形や色を良くする物


に分けられます。


このうち保存料と形や色を良くする物については
気をつければ避けることもできます

調味料についてはいわゆる味の素のたぐいで
ほとんどの加工品に入っており
避けるのが困難という状況です。

裏面の表示は



調味料(アミノ酸等)

たんぱく加水分解物



などと表示されているので
知らないと見分けられません。
悪質ですね。



保存料と形や色を良くする物の裏面の表示はいろいろです。
明らかに怪しいものは避けるとして



PH調整剤、酸味料(ビタミンC)、増粘多糖類、



などと書かれていると
ちょっと身体にいいような錯覚をしますが
立派な食品添加物です。


これらの添加物が特に多く入っている食品は


めんたいこ
つけもの
練り物、ハム、ソーセージ


です。


これらをすべて食べるときには
裏面の表示を見てから
選んで買うといいと思います









徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 17:53 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

加工食品

気温が下がってきたので
食べ物が長持ちするようになってきました。


今朝の話ですが、おとといの味噌汁の残りが朝食でした(笑)


本来食べ物は2,3日しか持ちません。

が、日本の企業は優秀なので
安くておいしくて長持ちする食品を日々開発しています。

ちょっと企業努力の中身を想像して見ましょう。


例えばミートボール


安くて→余ったはじっこの肉をいろんな所から買ってきます

おいしくて→化学調味料で味を調整します

長持ちする→食品添加物を工夫します


日本の会社の企業努力はすばらしいです。


ただ、どうも情報公開が足りないようです。


我々はイメージ戦略によって良いイメージを
植えつけられているようです


例えばカップラーメンのとんこつ味のスープ


あのスープの粉末はどうやって作られるか知っていますか?


私は、とんこつスープを作ってから乾燥させて
粉末にしているとおもってました。



実際はいろんな白い粉を混ぜて作っているようです。


この動画をみればわかります





これが加工食品の現実です。

怖いですねぇ。


私は自然の食材から作った物を食べたいと思いました。


この本に詳しい説明があります。
興味がおありの方はどうぞ。





徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 11:53 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

最近読んでいる本

最近はまっている本があります。

福岡伸一さんという人の本です


生物と無生物のあいだ』という本がベストセラーですね。


私がいつも治療院で言っていることを
わかりやすく科学的に書いてあります。


同じ内容の話でも
私はいつも東洋医学的に言っているので
ある意味説得力にとぼしいですが(笑)

この先生は科学的でありつつ、わかりやすいです。


特に、人間の身体にたんぱく質が必要な理由が
わかりやすいです。


ぜひ読んでみてください!









徳田漢方はり院

2009年01月19日

夢をかなえるゾウ

すごい本に出会ってちょっと感動したので、皆さんにもご紹介します。


夢をかなえるゾウ
という本です。

ベストセラーですね!

どういう内容かというとエンタメ自己啓発本です。

面白い自己啓発本という事です。

変わりたいと思う主人公が、見た目や行動はデタラメだけど本当はすごい大阪弁の神様にアドバイスを受けるお話です。



主人公が神様の話を聞いている時に聞かれました『お前は、今何してんの?』
答えます『神様の話を聞いています』

『ちゃうな、お前は今、座っとるだけや。今自分は何かを学んで知識を吸収して成長しとると思ってるかもしれんけど、本当は成長した気になってるだけや。知識を頭に入れるだけやったら人間は絶対に変わられへん。人間がかわれるんは立って何かをした時だけや!』

この本の作者は、実行しないと何もかも無駄だと強調しています。



つまり、このブログを読んでるだけでなくて、実際に治療院に行け!と言ってるのかもしれませんね(笑)



冗談はさておき、けっこう凄い本なので

興味のある方はぜひお読み下さい。








徳田漢方はり院



posted by tokuda-hari at 13:34 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

昔の医療

http://midwifewada.seesaa.net/

戦前の出産とかが面白かったです。

http://midwifewada.seesaa.net/article/106877640.html

また、助産師さんが活躍する時代が来るとおもいます。
posted by tokuda-hari at 16:00 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

常識

http://junk2004.exblog.jp/

このページはドクターが書いているブログなのですが
大変参考になります。


皆さんは、自分の身体がしびれたら何が原因だと思いますか?

皆さん頭に浮かぶのは、正座してしびれた時の事だと思います。
つまり、圧迫してしびれたんですね。

今の日本のお医者様は、
しびれについては全部神経圧迫が原因だと思っているようです。

シロウトと同じですね。

神経の圧迫だけが原因でないんです!!


という意見のブログなんですが、おもしろいです。


徳田漢方はり院
posted by tokuda-hari at 19:09 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめします | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徳田漢方はり院 011-747-4700
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。